::::: DAYS :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


モンブランの万年筆の思い出
MONT BLANC 2


私が現在持っているモンブランの万年筆は 3本。

JICA時代に新宿のどこかのデパートの万年筆売り場で
1993年前後にボールペンのセットで購入した
ノブレスの金属製のと
1992年10月のアルゼンチン初出張の帰路で
サンパウロ空港の免税店で購入した 
マイスターシュテック144(ボルドー)。

そして、3本目。
写真のボルドー色のほう、
マイスターシュテック114 
通称モーツアルト
である。

しかし、モンブランの万年筆は実はもっと以前、
私がアフリカのマラウイにまで持って行った
黒い柄の万年筆が最初だ。

しかし、そのモンブランは、Blantyre の街で
バイクの荷物とともに盗まれてしまって、
今は手元にない。

ちょっとほろ苦い失恋の思い出のあるペンだった。
( このことは、
 私小説「Love story with the Flower of Jacaranda」
 に書いてあるが。。。。)

ということで、
最後のショパンの万年筆以外は
すべてJICA時代に購入したものだ。

それぞれに思い出があり、
たしか、ノブレスの万年筆は母の病気で
急きょ帰省した折り、
高松駅の公衆電話でその失恋相手と話したシーンと
重なって
ちくりと痛い思い出につながる。

サンパウロ空港で購入した144ボルドーは、
亡き恩師との調査旅行での機内で
ファーストクラスから降りてきてくださった先生に
自分へのご褒美に買ったとお見せしたら
とても喜んでくださった思い出の品。

マラウイで失くしたモンブランと
その144ボルドーには
必ず、ロイヤルブルーのインクを入れていた。
今もそう。

ほかの万年筆には、
モンブランのロイヤルブルーのインクは
決して入れない。
そう決めている。


最近のモンブランは、
豪華なラインナップになってしまい
もっぱらユーズドの万年筆を探していて
5年前に講入したのが、
このショパンである。

その時、迷ったのが左の白い万年筆。
トリビュート版で、
モンブラン山脈の刻印がある
定価10万円ほどもするもので、
その時もたしか ¥50,000はしたと思う。

悩んだ末、
144の妹版の114ボルドーのほうを
購入した次第。

最近は、
あまり万年筆でゆっくり字を書く機会も減っていて
少々、反省するが、
大事にしていきたい宝物だ。




2017/05/04(木)


「 限りなく少なく 」豊かに生きる
栗林公園spring2016
photo : 栗林公園 (高松・香川県) 2016


心を痛めていた一つの問題を片づけて、
満開の桜の季節の故郷を楽しもうと、
高松のホテルに一泊することにした。
東京を離れる際に、
もしかすると滞在延長することになるかも・・・
と思って、
一応ホテルは予約を入れておいた。

地元中学の時の親友に会って、
自分の急な帰郷の目的を、手短に説明し、
駅まで送ってもらった。

短い時間であったけれど、暖かい彼女の存在で
朝から緊張して、動悸の激しかった私の心が
ようやく安定していくのを感じた。

春の穏やかな故郷の山。
そして、そのふもとにある両親の墓参りを
今回は状況から判断し、避けることにしたので
高松までの列車を待つ間、じっと眺めていた。

そのJRの駅は、母が亡くなったそのお葬式が終わって
2歳になる息子を連れて、
入院している父の見舞いに行くとき利用して以来の
駅の風景だった。

あの夏の日、線路を歩いていた
白いピケの帽子をかぶって、
おニューの靴を履いていた息子の姿が
タブって見えてきた。


時の流れは人を変える。

夕方 17時過ぎの列車は
瀬戸内海の海岸線を走り、高松に向かう。
山々の緑の中に  
満開の桜のうすピンク色と
海の向こうに沈む夕日の茜色の
この穏やかな故郷の春の風景が
とげとげにとがっていた私の心を
少しつつ溶きほぐしていく。

私にくれた、天国の父からの
もう一つの贈り物のような気がした。


高松では、二人の友人とそれぞれ別々に会う。

リュックの中に入れておいた本、
ドミニック=ローホー著
『 「限りなく少なく」豊かに生きる 』


その中に書かれていた言葉
~ 「人間関係」を少なく、ゆるやかに~
  あなたは、何もかもすべてを   
    洗いざらい話す必要はありません。
    人生を人に頼らず
    自分らしく生きていこうと歩み始めた人だけが、
    自らの「秘密」に近づくことができるのです。
    その胸の内を、
    なにも他人に明かす必要はないのです。
  
  

そう
友人を含むすべての 「他人」 に対して
自分の置かれている状況を
すべて話す必要などないのに、
昨日と今日の私は、やはり
どこか自分を失っていたのかもしれない。


そして、
一晩過ごしたホテルの部屋で、
暖かく晴れた朝を迎えた。
本当に、桜を見るには絶好の日だ。
もうこんなタイミングで、故郷の春を過ごすことなど
この先もうないかもしれない。。。。。
というどこかぎりぎりの切なさを抱えている私。

昨日会った高校時代の同級生の彼女と
栗林公園を散策することにした。
たくさん歩いて、たくさん話をした。
もっとも話題は、「家族」とは何か
という眼前にある私の抱える話題だった。

結局のところ、
お互いが似通った性格だったのが災いして
私は、慎重さを欠いて、
今回のことについて、「何もかも洗いざらい説明しよう」
として、
彼女に、「その胸の内を、他人に明か」そうと
一生懸命になってしまって、( 否、「ムキになって」)
アドバイスを ( というより、反論 )していた彼女も
( それを望んでいない )私も、
しまいには疲れてしまっていた。

なぜなら、
私は、彼女がただ、静かに
聞いてくれているだけで十分だったのだから。
そう、昨日の中学の親友のように。。。。。。

そうはいっても、長い付き合いの友人。
なんだかんだと言いながら
大事な友達である。


とにかく
私の人生は、新たなスタートを切った。
2016年4月の春の日。
故郷、讃岐の春の風景は
ずっと忘れない。

  故郷は、遠きにありて思ふもの






harekumori_20071026030115.gif
H 20.8
L  8.9







2016/04/06(水)


最後の春休み
20160405234350564.jpeg

photo: 高校の先輩が渋谷の松濤美術館の公募展に入選したので
観に行った時の絵( 2月下旬)
題材は、亡くなった高校の親友との懐かしい高校時代の想い出を描いているとのこと。




愚息の進路が決定し、
4月8日 (金) が入学式だ。

色々、親はヤキモキ心配して
最悪の覚悟もしていたが、
息子自身が決めた自分の進路だから、
彼はこれから頑張ってくれるだろう。
結果オーライなのかもしれない。

あとは、母の私自身の進む道の獲得と決定だ。

それも、
この3月辺りから、前に向かって進む気力と自分を信じる精神の安定が戻ってきた感覚がある。

地に足をつけた安定感というか、
それに近づきつつある精神の安定

何より、自分が歩んで来た経験に基づくぶれない自信。
自分を信じる姿勢。


死ぬ時まで向上しようとする姿勢。

後悔のない人生でありたい。
もちろん無理のない自分のできるところまで。

無茶な向上心というのではない。


ここ数日の間に
まるでドラマのような悲惨なことが自分に起った。
それを解決するために
逃げずむかっている。

急なことだが、
故郷の家が壊されることになった。

私は父の遅い末娘であったため、
( まあ、私自身も晩婚だったから ) 息子が2歳の時、20世紀最後の年に
両親が相次いで亡くなった。

だから、息子には直接の祖父母との想い出は残っていない。
あれから、私たち親子はそれを寂しいと思う余裕もなく駆け抜けてきた。

故郷の家。
今ある家は私が小学五年生の時に
公務員だった父の退職金を担保にして、建てたものだ。
だから、末っ子の私が一番長く両親と生活を共にしていた家だった。


でももう
本当に訣別だ。
私のマラウイから持ち帰った物や
色んなこと。
そして人。

一つの終焉を迎える。


もちろん、ずっと両親のお墓参りはするだろうし、
親戚との心優しい交流は続くけれど

私が死ぬ場所は、故郷ではないという訣別の気持ち。

そんなことや週末突然、我が家に尋ねてきた姉たちとのやりとりを思い出し、
突然、涙がこみ上げてきた。

幼い頃の無邪気な人間関係を
ずっと持ち続けることの難しさと愛おしさとが、ない交ぜになって
すごくかなしくなった。

そういう感情を乗り越え、消化し
新しい自分の人生を始めて行くのだ。

潔い戦前生まれの父の生き方を、昭和生まれの私が生き方の手本として
踏襲していく。

そんな静かな決心。





kumori_20160407033313d60.gif
H 19.1
L 14.4
2016/04/05(火)


近 況
20150824002844.jpg


現在、「simple jife」の日記がアップロードできないので、
( まだ年会費を収めていない 汗汗)
当面、こちらに日記をアップして行こうと思います。

観ている人、いらっしゃるかしらん??


ということで、2016年もはや2月が終わろうとしています。
はやいですね。


色々と、我が家にも変化がありましたし、
4月から新しい道を歩き出す愚息のこともありますが。。。

一番は、家族が増えたことですね。

昨年の8月20日の早朝に、マンションの中庭から
子猫の鳴き声がして、保護した猫です。

その保護した当時、推定生後10日あまり。
やっと目が開いたばかりの仔猫でした。

既に我が家には、サブロー&ペコラという兄弟猫と
絹(シルク)というお嬢猫の
計3匹の猫がおります・・・・

なので、もうこれ以上は、家計を圧迫するという懸念もあり、
当初は、離乳するまで育てて、里親を募集するつもりでした。
(少なくとも私は・・・)
ところがです。
私たち親子には、過去に苦い経験をしておりました。
そう、2006年に生まれたばかりの「ブチブチ」という可愛い仔猫を保護し、
約2か月間育てて、泣く泣く里子に出してしまったあの仔猫のことです。

私たちは、手放してしまったことを非常に後悔し、
そして、それからずっと深い傷を抱えて過ごしてきました。

それがあったからでしょう。
息子が即、
「 そりゃ、育てるしかないでしょ!!」
と、一言。
メスでしたし、不妊手術代を含めて、人口哺乳等、
これからかさむであろう費用について心配があったのですが、
自分のバイト代で協力するということで、
結局、我が家の家族として迎え入れることにしました。

写真は、保護してから数日後の授乳の様子です。

こんなにちっちゃかった子も
生後6か月が過ぎました。

不妊手術の予定を組まなければなりません。

推定生年月日を 2016年8月10日とし、
名前は、
   「リン」
です。
でも、先住猫と比べるために、
「ちびリン!」て、呼んでいることが多いので、改名してもいいくらいですが。。。

お転婆で、
とても愛らしい女の子って感じじゃなくって
絹の子供のころのあのフォトジェニック的なかわいらしさは全くなくて
(ごめんね、ちびリン)
首輪も全然似合わないのですよね。


保護した際に、右後ろ脚の肢と右肘に傷がありましたが、
それもすぐに治りました。
また、とても脚の指が大きかったので
これは大きくなるな。。。。と想像していたのですが、
よく食べ、食欲旺盛で、
スレンダーなチャームポイントの長い尻尾とともに、
縦に伸びて、大人びた若猫に成長しています。
きっと、同じ♀の絹はすぐに抜くだろうと思います。

噛みぐせがひどいのが難点ですが、
その他は欠点のないいい子です。

まあ。。。離乳してしばらく、トイレトレーニングがうまくできなかったので、
フローリングの窓際の床敷居に粗相を繰り返していましたが、
それもいつの間にか、トイレを覚えてくれて
今ではすっかり心配がなくなりました。

ただ。。。。 
猫砂をかける習慣ができず、
いまだにトイレの淵をガリガリひっかいて
においを消しているつもりになっているので、
夜中にはごそごそうるさいのが玉にきずでしょうか。

とまあ。。。。
我が家の新しい家族である子猫の近況報告でした。

保護当初2週間の育児日記と
ブチブチの旅立ちまでの約2か月間の育児日記のブログです。

貴重な記録が残されました。

Letter from Animal Hospital
2016/02/25(木)

未来

>>まとめて表示
2017年05月  2016年04月  2016年02月  2016年01月  2013年08月  2012年10月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年10月  2011年07月  2011年04月  2011年03月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年04月  2010年03月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年07月  2008年06月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年04月  2007年03月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。