::::: DAYS :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


いよいよ中学生
school-letter.gif


区教育委員会から
息子が今年4月から入学希望の中学への 「入学通知書」が届いた

いよいよという歓びより、
もう小学校生活もあとわずかという寂しさのほうが大きい

息子は当初、中高一貫校の受験を予定していた
もっとも、それは母である私の希望からだった

小学5年生になって、集団受験塾に通い始めたけれど
彼にとっては、苦痛でしかない場所だった

大体、受験塾は、授業と模擬試験が主で、
宿題中心のいわば、家庭学習が物を言うところだ

ワーキングマザーである私は、毎日の宿題に付き合う時間的余裕はなく
結果としては、息子の自主性にゆだねるしかない
もちろん、一緒に通う仲の良い友達と待ち合わせして
宿題を片付けたりする日もあるが、
何せ、家庭学習の絶対量が少なすぎる

親の期待、学校の担任の先生の期待(いやプレッシャー)を一身に受け、
頑張っていた息子だったが
5年生の二月に、最初の糸が切れた

そして、6年生になってすぐに、ついにストレスで入院

もう、過度な要求はかわいそう

中学受験は断念
地元の公立中学校に入学することに決める
今は、少子化時代なので、好きな中学を選択できる
息子もいろいろ迷っていたが、
結局、通学区域外の中学を希望した

その 「 入学通知書 」だ
まあ、ほぼ希望通りになるだろうとは思ってはいたけれど
希望者が多いと抽選になるとも言われていた

なんだか、身が引き締まる感じ
もっとも、
受験した合格通知書の重さとは、ちょっと違うけれど
新しい学校生活に向かうという
6年前の小学校入学の時とは、ぜんぜん違う
不安と希望がいっぱいの
いよいよ 本格的に「学問の世界」に足を入れるという
人生の節目の時だ





今日から天気が下り坂
朝から曇って、気温が上がらず寒い一日になった
明日は、夜になって雨が降り出す予想
kumori.gifH 9.3℃
L 4.3℃
湿度 56%



2009/01/28(水)


朝青龍の復活優勝
asashoryu-Championship01252.gif


今年の大相撲初場所は、久しぶりに充実して面白かった
それは、もちろん朝青龍関の復活である

何かと悪評高き横綱、朝青龍
場所前は、崖っぷちのギリギリ出場で
結局負けが続いて、そのまま引退か・・・・?!
とまで、ささやかれていたし
横審や相撲解説者など専門家筋では、「 朝青龍は終わった 」
「 引退濃厚 」とまで言われていた
それが、どうだ
初日に一勝をあげてから、どんどん相撲が良くなってきて
勝ち星を重ね、なんと千秋楽に臨むまで全勝を貫いてきた

千秋楽
今日の取り組みは、1敗を喫しているもう一人の横綱白鵬との一騎打ち
本割での結びの一番
手に汗握ってTV画面を見つめる
おお! 朝青龍、立ち会いの失敗!! う~~ん! 
寄り倒しで白鵬が勝ち、優勝決定戦まで持ち込んだ
そして、気迫のこもった朝青龍の寄り切りでの見事な勝利
二人の横綱の強さが、相撲の醍醐味を見せてくれたいい取り組みだった
勝ったとき、朝青龍の心からの嬉しそうな笑顔が印象的

(それにしても、
 勝ったとたん、座布団が一斉に朝青龍めがけてふっ飛んでいた!)

優勝インタビューでの朝青龍の言葉が良かった
感極まり涙ぐみながら

「 私は、” 帰ってきました”!
  久しぶりに”朝青龍に戻った”感じ
  まだまだ頑張っていくので、これからもよろしくお願いします 」と

最後に、インタヴュアーが、

「 (横綱は)モンゴルに帰ってしまうんじゃないかと言っていますが・・・? 」

それの答えが

「 いや! 日本大好きですし、” 日本の横綱 ”ですから!」

なんか、ずっとふてぶてしい悪ガキで、ヒールな悪役だった朝青龍だったが
なんかほんとは結構真面目で、自分を律することのできる人なんじゃないかなぁ
と、彼の眼に浮かぶ涙をみて、こちらもちょっとジ~~ンときてしまった
( あの朝青龍が泣いている!)
これまでそれほどいい印象を持っていなかったのに・・・・

それにしても、いろんな人がいろいろ喧しく、憎まれ役だった朝青龍を
これほど多くの人が好意的に見守っていた場所もなかった
やはり強い”横綱朝青龍”が帰ってきて、
まさに、日本の「大相撲」がまた帰ってきたようにも思えた
今年の相撲界は眼が離せなくなった

昨年11月に定年退職した朝青龍専属床山さんだった”床寿さん”に
優勝パレードのオープンカーに乗せてあげるという男の約束を果たせた
床寿さん、喜んでるだろうな~~~






日差しが戻って、暖かさ戻ってきた気がしたが凍てつく外だったようで
玄関先に置いておいたオリヅルランが凍って枯れていた
慌てて、部屋の中に入れてやった
洗濯日和の一日
hare.gif
H 10.0℃
L 1.9℃
湿度 23%



2009/01/25(日)


ポトフ
Pot-au-feu.gif



冷蔵庫の野菜室の整理を兼ねて
今夜のおかずは、ポトフに決定

材料は・・・・・

ジャガイモ、ニンジン、たまねぎ、大根(!)、大根の葉、えのき、エリンギ
サツマイモ(!)、ウインナー

これらをどんどんどんどん、乱切りして入れるだけ
最近、生ごみを減らすエコに目覚めて
野菜の皮や葉っぱを極力捨てないで使うことにしているので
大根の皮も葉っぱも、もちろん千切りにして入れてしまう
おジャガとサツマイモは、早くに煮えるので、煮崩れしないように
少し、時間差攻撃で入れる

お味は
コンソメ固形スープ、昆布茶(粉) 少々、カレー粉 少々、塩、胡椒少々

ぐつぐつぐつぐつ・・・・
約40分くらい、弱火で煮込む
サツマイモの甘さが案外に美味しい
野菜そのものの味も合わさって、おいしく出来上がり!
アフリカ(マラウイ製!)から持ち帰ったスープ皿に盛る

鍋いっぱい作ったけれど、息子は食べてくれず
でも、ご飯なしでおかわりいっぱいして
ほとんど鍋半分、一気に食べてしまった

簡単で野菜もいっぱい取れて
冬は、ポトフに限る!







昨日は、暖冬だったのに、今日はまた寒さのぶり返し
最高気温は、10℃を切った模様
気温の変化が激しくて、体調管理がたいへんだ
昼に少しぱらっと雨が降った
amekumori.gif
H 11.6℃
L 6.7℃
湿度 51%




2009/01/24(土)


新年のご挨拶
silk02



明けましておめでとうございます

2009年が始まりました
今年のお正月は、実にのんびり家で過ごしております
何年振りでしょう、こんなお正月は
初詣は、毎年恒例で湯島天神まで出向きました

さて。。。。
なにやら、家族から新年のご挨拶があるようですが・・・・


           はじめまして

           わたしは、絹です
           絹と書いて、”シルク”と読みます
           年齢は1歳6ヶ月です
           今年からちょこちょこお目見えします

           どうぞよろしくおねがいします


実は、我が家には猫が三匹います
一昨年の10月に、
勤めていた動物病院で保護された雌の子猫を新しく迎え入れました

あれからもう、1年以上も経ちました
ずいぶん大きくなりましたが、
先住のキジトラ兄弟猫と比べるとやはり雌ですから、小柄です
とても愛らしい猫です
少々、紹介が遅れてしまいましたね

息子が、この絹を中心に、今年から「ノンビリ猫日記」のほうを
自分で更新していくそうです
さて・・・
どうなることやら・・・・

というわけで、今年もどうぞよろしくお願いいたします






2009年の三が日は
よく晴れた良いお天気続きでした
hare_20071114124731.gif
H 10.7℃
L 2.0℃
湿度 25%





2009/01/03(土)



>>まとめて表示
2017年05月  2016年04月  2016年02月  2016年01月  2013年08月  2012年10月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年10月  2011年07月  2011年04月  2011年03月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年04月  2010年03月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年07月  2008年06月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年04月  2007年03月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。