::::: DAYS :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


家で看取るということ
Animal-Hospital-cat04.jpg
photo : 病院の猫たち



今年の夏は、8月半ばあたりまでいつまでも梅雨模様のような
すっきりしない蒸し暑い日々が続いた
持病を持つ高齢の動物たちには、ことさら堪える夏だった

20歳になる日本猫のチコちゃん
老齢の女性が飼っておられる

チコちゃんは直腸に悪性腫瘍を抱えていて
今年に入ってから何度も容態が悪くなり、そのつど、もうだめかも。。。
と思われつつも、奇跡の復活を果たしていた
8月初めに
何回目かの入院になった
その時の彼女は、口内炎がひどく、お尻の横にある腫瘍が自壊して
穴が開いてしまいそこから便が垂れ流し状態になっていた
起立困難で、飲水、食欲もなく老齢による体力の低下も加わり
ひどい脱水、衰弱状態だった
とにかく悲惨なコンデション
飼い主さんも、積極的な抗癌剤投与治療は望まれておらず
対症療法で、静かに最期を迎えたいという意向だった

チコちゃんは、
初めて逢った時から、その、人間にたとえると「明治女」のような
背筋をきりっとのばしているおばあちゃんという風情の老猫だった
私は、チコちゃんがとても気になり
無意識のうちにことのほか思い入れを持って診ていたように思う

チコちゃんは、数日の点滴で少しずつ食欲も戻って
飼い主さんが差し入れる好物の魚のボイルを食べるようにまでになっていった
もともと生命力のある子だったのだろうし
本人もまだ虹の橋を渡る時期じゃないと思っていたのか
まだまだ、可愛がってくれる飼い主さんとの生活をもう少し続けていたいと思ったのか
日を追うごとに生きる気力が戻ってくる感じだった
話しかけながら食事を取るように促すと残していた分も平らげてくれる
そのうち、飼い主のおばさんが面会にくると
ずっと寝ていた彼女が起き上がってきて、ゲージから出ようとする

( ああ、チコちゃんは家に帰りたいのかな・・・)

と思う
猫は、自分の死を悟ると昔から言われている
きっとチコちゃんは
住み慣れたお家で飼い主さんに見守られながら旅立ちたいのかもしれないなあ

そう感じた

動物病院で
「治療」という観点から最善を施し、延命することは
病院としての主目的としては大事なことであるけれど
動物とその飼い主さんにとって、「最期の別れ」をどこでどう迎えるか
ということの大切さを
改めて、チコちゃんの治療を続けながら思っていた
納得して後悔のない「別れ」であって欲しい
そう思う

お盆前に退院できるくらいまで快復してきたので
お家に帰る日に、垂れ流し状態で、汚れた下半身を綺麗にシャンプーして
ドライヤーをかけていると、
ちょっと気に食わなかったと見えて
保定していたスタッフの手を噛んだ
まあ、噛む元気が戻ってきたというくらい
結構明るいほっとした雰囲気が流れていた退院だった

それからすぐ、私はお盆休みに入ってしまい
( お家に帰ったチコちゃんは、どうしてるかな・・・)
思いつつ過ごしていた

休み明けに病院に戻ると
私の休み中に、体調を崩してしまったチコちゃんが来院し、治療を受けていたが
その時は、入院治療をせず、お家に帰っていったようだった
それが、結果的にチコちゃんを治療した最後になった


そして、今日
お昼に、飼い主の女性がみえて

「 昨日の夜中2時に亡くなりました 」

と、報告された
今まで何回か容態が悪化していたけれど、
最後に倒れたときは、もう死を察知して 「ああ、とうとう来たんだわ。。。」と、
病院に連れて行くのは止めて、家で看取ろうとそう思ったという
苦しまず、静かに息を引き取ったそうだ

飼い主のその女性は、

「 最期に、好きなお刺身を食べてくれて、よかったわ・・・ 」

と、おっしゃった

20年間のチコちゃんとの長い歴史の年月
それは、やはり私たち病院側の人間が立ち入れない領域があるように思う

医療とは
単純に、その個体に対する健康の快復、維持だけではないということ
そこに「心」 というものが流れているということ
それを考慮に入れなければならないことを
改めて実感した

チコちゃんは、飼い主さんに見守られながら空に帰っていけて
よかったとそう思える

今まで、救急で来院しそのまま病院で息を引き取ったり
長期入院の後、一度も家に帰らずそのまま亡くなって行く子達を診てきたけれど
やはり、家で家族に見守られながら。。。
それが後悔の少ないことのような気がするのだ

そんなことを
チコちゃんとの「別れ」を、納得して吹っ切れたような感じで話されていた
飼い主さんの様子から感じた

動物の持つ意思を感じ取れる獣医師でありたいと思う私










昨日までの真夏の暑さはどこへやら
急に気温が下がり、湿度も低めで秋の気配がする一日になった
朝方の涼しさで思わず起き出して、上掛けを増やしたくらい
harekumori.gif
H 27.7℃
L  22.9℃
湿度 44%


2009/08/25(火)



>>まとめて表示
2017年05月  2016年04月  2016年02月  2016年01月  2013年08月  2012年10月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年10月  2011年07月  2011年04月  2011年03月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年04月  2010年03月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年07月  2008年06月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年04月  2007年03月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。